トップ

食生活で若ハゲ改善

若ハゲの原因になる食生活

10代のうちからハゲる?原因となる食生活

近年、10代後半から20代前半の若いうちにハゲてしまう「若年性脱毛症」に悩む若者が増えています。ハゲになる原因は年齢や遺伝、ストレスなど様々ですが、中でも食生活の影響が大きいと言われています。若ハゲ対策ならこちら。

有名な発毛企業が行った調査によれば、欧米諸国にはハゲている人が多く、日本をはじめアジア諸国では少なくなっています。これには民族的な要因のほか、西洋の食生活が大きく関係していると考えられていまます。戦後から日本の食生活は西洋化しました。昔の日本人の食事と言えば、「ご飯に豆腐とわかめのみそ汁」など質素なものでした。それが今や、焼肉やステーキ、バターをたっぷり使った洋食など、脂質を大量に摂るようになりました。

頭の毛穴の皮脂腺から分泌された皮脂が、毛の表面を覆うことにより髪を乾燥から守っています。しかし脂質を摂り過ぎると皮脂の分泌が過剰になり、頭皮の環境が悪くなってしまいます。毛穴が詰まり抜け毛が増え、脂漏性脱毛症になる可能性もあります。また、脂質過剰の食事を摂ると血液がドロドロになり、血行不良を起こします。そうなると頭皮に必要な栄養が届かなくなり、育毛を妨げてしまいます。

ファストフードはさらに頭皮に悪影響を及ぼします。老化の原因物質として、AGE(終末糖化産物)があります。年齢を重ねれば、皮膚はたるみ、髪が薄くなり、筋肉や骨は衰え血管は脆くなりますが、これにはAGEが関わっています。

AGEは人体のたんぱく質と、食事から摂取した糖がメイラード反応(糖化反応)を起こすことで作られますが、AGEを多量に含む食品を摂ることでも蓄積されていきます。高温で焼いたり揚げたりしたものにはAGEが多く含まれます。ハンバーガーやフライドポテトなどのファストフード、ポテトチップスなどのスナック菓子は老化を促進させ、薄毛の要因にもなります。若ハゲを改善するためには、これら原因となる食生活を改める必要があるのです。